MENU

介護施設で働くという選択

介護施設で

介護施設での勤務はほとんど日勤になります。病院勤務のような夜勤のない介護施設は人気があるようです。夜勤をしなくても病院勤務と同等のお給料なら、人気があるのも頷けますね。

 

全国的にも介護施設はどんどん増えていますので、需要もいっぱいあって、看護師側が選べる環境にあるのが有難いです。

 

でも、介護施設のほとんどが比較的郊外にあるので、車での通勤ができる人でないと難しいかもしれません。

 

介護施設は医療機関ではありませんので、医療行為を行う事はほとんどなく、介護施設の入居者が健康的な生活を送れるようにサポートするのが主な仕事になります。

 

介護施設での看護師の仕事とは

介護施設での看護師の仕事とヘルパーの仕事の線引きがどこにあるのか・・・ちょっと気になるところだと思います。

 

食事や排せつ、着替えなどの生活や身体の介助は基本的に介護士の仕事になります。看護師は入居者の健康状態を把握し、医療者の立場から見守っていくことが仕事です。

 

医療行為を行う場合は、提携している医師に連絡を取って、その指示を仰ぐことになりますので、介護施設の勤務が初めてであっても安心して仕事をすることができます。

 

介護的な仕事の部分で言えば、病院よりも少なくなるようです。